自然 東地区

家庭菜園

(2019年4月19日の記事です。)

田舎に移住といえば就農とまではいかないまでも、家庭菜園をしたいという人もいると思います。

私だけかもしれませんが,舞鶴は漁業の町と思っていました。しかし、舞鶴市役所にきて、水産課より農林課(の中で林業に関連する方は25%ほど)の職員数が3倍以上というのにびっくりしました。それだけ農業をはじめやすいのかなと思っています。

友人のお父さんが畑をしているということで話を聞きにいきました。

お父さんは定年後、奥様から「何かはじめたら?」と言われていたところ、知り合いの人から「草取りが大変だから、余っている農地を使ってほしい。」と言われ、5m×13m程の農地をただで借りるようになったようです。農業に関しては全くの素人だそうです。

お父さんは無農薬で野菜を育てられています。

「肥料代を節約しているだけ。」

と言われましたが、難しいと言われる有機栽培が素人でもできるということが分かりました。できる野菜はまだまだ小ぶりのものが多いようですが、虫よけにハーブを一緒に植えたりいろいろ工夫されているようです。

(舞鶴の加佐地区でも本格的に有機農業をされている方がいます。)

これから夏野菜を植えられる予定ですので、夏には多くの野菜がとれるようです。