遊び

陶芸家 高井晴美作品展@赤れんが3号棟

(2020年6月1日)

舞鶴市出身・在住の陶芸家に高井晴美さんという方がおられます。高井さんは日展に何度も入賞されている方です。

先月、国際NGO「難民を助ける会」西日本担当理事の鷲田マリさん(舞鶴市在住)が買い取られた高井さんの作品のお皿30点を舞鶴市に寄贈されました。

           紫陽花

「寄贈したお皿は市の行事や市民の食事の機会に無料で貸し出すなど使っていただきたい。」

とのことでした。

            藤

そのお皿達の展示が赤れんが3号棟にて開催されています。お皿は同じ形ですが、デザインにより雰囲気が違い、季節を感じることができました。

お皿は四季の草花が描かれ、それに合わせて舞鶴市出身の日本画家、澁川矗さんの絵が飾られていました。澁川さんは山野草花木をモチーフにされた作品を作られています。

お皿も絵も「自然っていいなあ。」と思える作品でした。

       あやめ(絵)と菖蒲(お皿)

    

作品展は赤れんが3号棟智恵蔵(企画展示室)で6月1日~30日までです。