居住促進住宅

居住促進住宅とは

移住者に安価で市が貸し出す住宅のことで、全国でも多くの市町村が取り組んでいる事業です。

目的

まちなかの空き家活用と居住促進のモデル事業として地元の舞鶴高専の学生らと協働で実施しているもの

しくみ

  • 市が市街地の空き家を所有者から10年間借り上げ、改修した上で移住希望者に貸し出す。
  • 希望者が支払った賃料の一部で改修費を賄う。
  • 設計は舞鶴工業高等専門学校(以下高専)尾上研究室の生徒が担当し、実際のリフォームに高専生や市の職員も参加しています。
【参考】舞鶴市公式ホームページ「移住定住 居住促進住宅を募集しています」
      https://www.city.maizuru.kyoto.jp/shisei/0000003540.html

 居住促進住宅第4号 ※2021年3月末に完成予定!入居者を募集中です

現在、改修中の居住促進住宅第4号はこれまでと同様、高専の尾上研究室の生徒達が設計を担当しています。

今回は浜(東地区)の市街地にある建物で、JR東舞鶴駅や商業施設、病院も近くにあり便利な所です!

 拡大はこちら

第4号入居者募集チラシ

応募条件

市外に住所があり、本市への移住を検討している(転勤、婚姻での転入予定者を除く)子育て世帯の方

  • 市外に住所があり、舞鶴市への移住希望者であること(転勤、婚姻での転入予定者を除く)。
  • 子育て世帯であること。 
  • 賃料(月額4~5万円程度)の支払い能力を有することなど。

    ※その他要件あり

ご応募~入居までの流れ

①下記連絡先(舞鶴市移住・定住促進課)へ氏名、住所、電話番号、家族構成、内覧希望の候補日をお伝えください。追って内覧日をご連絡致します。

  • 応募(内覧)募集締切:~4月9日(金)まで
  • 内覧可能期間     :3月中旬~4月9日(金)まで(平日午前9時~午後5時) 

  ※内覧可能期間は、工事の進行状況により前後する場合があります。

②内覧日当日、気に入られたら申込書類にご記入いただきます!

印鑑、身分を証する書類の写し(氏名、住所及び生年月日の記載があるもの 住民票等)をご持参ください!

③移住定住促進協議会にて選考の上、入居者を決定します。

  • 選考期間:4月中旬を予定

④入居のご契約、入居開始! (4月下旬予定

注意事項

  • 応募多数の場合は選考の上、抽選となる場合があります。
  • 施工完了は3月31日頃を予定しています。そのため、3月中の内覧の場合は工事中のご見学となり、見学可能な箇所のみのご案内となります。何卒ご了承ください。
  • 工事終了日等上記予定日は諸般の事情により前後する場合があります。

ご相談・お問い合わせ先舞鶴市役所 移住・定住促進課
TEL0773-66-1085(直通)受付時間 平日9:00〜17:00
メールでのお問い合わせはこちら

ご不明点、ご相談等ございましたら、何なりとお問い合わせください!ご応募お待ちしております!

改修前


小川のそば、田舎ならではの平屋です。周辺には商店街や病院、飲食店も。

中はゆったりとした空間です。
片付け後。ここからどう変わるのでしょうか?!

改修プラン(一部)

  • 南北の風の通り道を活かした造り → 南北にゆとりのある設計
  • 寺川や山を見る事ができる → 景色を切り取るような箱窓を設置
  • 周辺地域、舞鶴に馴染むような建物 → 広くとった土間と客間を隣接させ、周囲の人々と交流する場を設ける
  • 趣のある建具を残している
  • 車1台分の駐車場は既存のまま確保

改修前の概要とその改修計画を、舞鶴高専の学生が作成しました。ぜひご覧ください!

4号建物概要(改修前)
4号改修計画

2020年11月26日説明会

高専の生徒が家の前の川が見れる箱窓を設置することや、玄関の土間を広くし地域の方々とコミュニケーションがとれる住宅を作ることを説明。空き家所有者の方から

「何十年と住んでいるが、綺麗な景色として川を見たことがなかった。そういう新しい視点を持って住宅を改修して下さるのが嬉しい。」

とのお声もいただいております。

左の模型の下の方にある茶色の部分が箱窓になります。

箱窓の実物大を使っての説明。

居住促進住宅第3号  募集は終了しました。

2020年3月、居住促進住宅第3号が完成しました。
今回も、高専尾上研究室の生徒達が設計を担当しました。        
広々としたキッチン・リビング・客間・離れ、そして吹き抜けが開放的な空間を実現しています。
西舞鶴駅や商業施設、医療機関も徒歩圏内で、便利な田舎暮らしができます。
子育て世帯の方に、ぜひ住んで欲しい物件です。

居住促進住宅第2号  ※入居済

2019年3月、居住促進住宅第2号完成しました。
前回と同様、高専の尾上研究室の生徒達が設計を担当しました。
今回は前回にも増して、移住者の方が地域の方と溶け込めることを念頭においています。
リフォーム前の地域の方への説明会は前回と同じですが、空き家の家具撤去・庭の木々の手入れから地域の方にご参加いただいております。
地域全体で移住者の方を受入れる雰囲気が移住者の引っ越し前からでてきています。

2018年11月3日説明会

居住促進住宅第1号  ※入居済

昭和13年に建てられた旧海軍の宿舎をリフォームしました。
外観は当時の日本家屋の趣を残し、内装は広いリビングがあり、木のぬくもりがある心地よい空間となっています。
2018年3月に完成し、5月に入居されました。
入居者の三宅さんはご自宅近くでカフェを営まれています。
三宅さんの移住体験談はこちら

舞鶴の空き家大募集!

舞鶴市では、子どもの声が聞こえ、にぎわいのある持続可能な地域をつくるため、空き家を活用した移住を促進しています。

「空き家情報バンク」へのご登録を!

「まちなかエリア」「農漁村エリア」の空き家を舞鶴のために活用していただけませんか?
移住希望者への物件照会や地域との調整は市にお任せください。一部地域では、賃貸や売買の成約時に移住者へリフォーム費用、空き家所有者へ家財撤去費用の補助があります。
空き家バンクへの登録料は無料です。ぜひ一度、ご相談ください。


ご相談・お問い合わせ先舞鶴市役所 移住・定住促進課
TEL0773-66-1085(直通)受付時間 平日9:00〜17:00
メールでのお問い合わせはこちら