自然

五老岳を登る

(2019年8月8日の記事です。)

※昆虫の写真がでてきます。苦手な方は、ご注意下さい。

先日、五老岳(ごろうがたけ)に登りました。

五老岳は標高301mで、頂上には五老岳公園があります。そこからの景色は、「近畿百景第1位」に選ばれておりとても美しいです。通常は、バスや車を使って公園を訪れる人が多いです。

登り口は、吉原、舞鶴文化公園体育館付近、中舞鶴小学校付近、共楽公園からがあります。今回は舞鶴文化公園体育館付近から登りました。

むしむしした日々が続いていますが、木陰で日差しがさえぎられ、明るいけれど照り付けない暑さでした。風の通るところもあり、地上より動きやすかったです。

頂上付近は笹が茂っていましたが、全体的に明るく綺麗な山道でした。地元のロータリークラブの方が草刈りをして下さっているとのことでした。

傾斜も急すぎず、よい運動になりました。

頂上からの景色は、リアス式海岸特有の木々と空・海のコントラストがとても綺麗でした。

五老岳公園にはスカイタワーがあり、カフェもあります。

カフェにはGOROバーガー、GOROパンケーキ、GORO SODA等、インスタ映えしそうなメニューがあり、今度はそれを目当てに行ってみたいです。

玉虫。古代のお姫様達は、これで鏡台をはじめ身の回りの物を装飾していたとのこと。

普段1,000m級以上の山々に登られている方たちに今回よせてもらいました。

ゆっくりめで、登り55分、下り50分でした。

【2020年5月15日追記】

五老ヶ岳からの絶景を24時間365日動画で

観る事ができるようになりました。

「近畿百景第1位」に選ばれた絶景を

是非ご覧下さい。