自然

【番外編】全国各地に舞鶴のさざれ石があります

(2020年1月28日の記事です。)

先日ふと立ち寄った、楠木正成氏を奉られている神戸市にあります湊川神社で「舞鶴」の文字を見つけびっくりしました。

それはさざれ石の説明文の中にありました。

“(略)ここにご奉納戴いたさざれ石は、京都府舞鶴市岡田由里の砕石山露頭のもので、このあたりの地層は、志高群層と総称され、二億四千年前に隆起して出来た地形と言はれます。 この地より採取された二塊のさざれ石を、このやうに納めましたところ、その姿が、まるで楠木正成公(大楠公)が桜井の駅でわが子正行公(小楠公)を前に諭される御姿に想はれ、「親子さざれ石」と名付けました。 (略)”

神社の方に聞くと、「長田神社さん、生田神社さんのさざれ石も舞鶴のものだと聞いていますよ。」と言われました。ちょうど、生田神社の近くに用事があったので生田神社にも行ってみました。神社の方に聞くと確かに舞鶴のさざれ石とのことでした。

時間の都合で行けませんでした長田神社さんに後日お電話でお聞きすると、舞鶴市に営業所があります上野商事株式会社さん(宮津市)が奉納されたとのことでした。(写真はありませんが丁寧に教えていだたきありがとうございました。)

さらに上野商事さんに電話でお聞きすると、靖国神社や、伊勢神宮の元宮と言われている元伊勢籠神社さん(宮津市)はじめ、全国の神社等に舞鶴のさざれ石をご奉納されているらしいです。詳しくは上野商事さんのHPをご覧下さい。

各地の神社に参られましたら是非、舞鶴のさざれ石をご覧下さい。