子育て

「舞鶴は都会より子育てをしやすい。」という声

(2019年11月22日の記事です。)

都会でも子育てをしたことのある方達から、「舞鶴は子育てをしやすい。」とよく聞きます。特によく聞くことは「舞鶴では子育てにお金がかからない。」です。他に具体的にいうと、

・あそびあむ(子育て交流施設)は広く無料で使いやすい。遊ぶものもたくさんある。

・都会は周りがビルばかりで子どもが遊び回ることができるのは園庭くらい。(この方は超都会に住まわれていました。)

・外で遊べるところの駐車場が無料なのが嬉しい。

・都会だと自然の中で遊ぶためには、朝早く出て何時間もかけて目的地に行かないといけない。交通費もかかるし入場料もいる。さらにいつ行っても混んでいる。舞鶴だと子どもを自然の中で遊ばせるのに、時間もお金もかからない。混んでいないから思いっきり遊ばせることができる。

青葉山麓公園。アスレチックがあるのも嬉しい。

青葉山麓公園。伸び伸びと遊んで楽しそう

・車を少し運転するだけで景色の良いところに出るのでドライブを楽しめる。

・普通に生活しているだけで自然が身近にある。

・移住後すぐは子供も都会をなつかしがっていたけれど、舞鶴の生活に慣れてくると「こういう自然豊かなところで育った周りの皆がうらやましい。」と言っている。

・都会は保育所の空きが少なく探すのが大変。待機児童もいっぱいいる。保育クラブに入れようにも費用が高い。(舞鶴市は現在待機児童は0人。(2020年、保育士不足からはじめて待機児童がでました。)都会で子育て中の友人達は口をそろえて、都会では年度途中の保育所等の入所はとても難しいと言います。)

・都会は幼稚園バスがないところもあるが舞鶴はあるのが当たり前。

・小学校では心身とも伸び伸び子どもらしく過ごせている。

・スーパーのフロアーが都会に比べゆったりでベビ―カーが通りやすい。

とのことです。

また都会在住の友人に、舞鶴市役所の移住・定住促進課主催の小学校4~6年生向け「プログラミング教室(2019年時点、無料」の話をすると、

「都会だと、公主催の教室は応募者が多すぎてなかなかあたらない。かといって民間主催だと料金が高い。」

とうらやましがられました。

他にも都会在住の知人のお子さんは、大人以上に空気が読めるとても敏感な子だそうです。その子を自然の中に連れ出すと、いつもの何か尖っている感じがとれ落ち着きを取り戻し子どもらしくなるとのことなので、自然の力は凄いなあと思っています。

このように舞鶴は子育てがしやすい所です。