移住者インタビュー 東地区宮本奈央

BLOG×人付き合い
Iターン
兵庫からの移住

 -舞鶴に来られたきっかけは?

 大学で知り合った主人が舞鶴出身で、結婚を機に今年舞鶴へ移住しました。

ー舞鶴の暮らしはどうですか?

 舞鶴に来て、人の良さを実感することが多々あります。例えば、スーパーで商品の場所が分からなかったら、陳列棚まで案内してくれるなど丁寧に対応してくれたり、通勤時に自転車に乗っていると、面識がないのに挨拶してくれたり、皆さん温かいなと思います。

 海が近いのもいいですね。クレインブリッジ付近で夕焼けがすごくキレイに見れるところがあって、私のお気に入りの場所です。

 都市部の友人からは、コロナでお客さんが入らなかったり、生活スタイルが変わってしまったりして大変だと聞きますが、舞鶴にいたらほとんど変わらず過ごせたので良かったです。

 まだ知り合いが少ないですが、すぐ知り合いと知り合いが繋がって、舞鶴の人脈の結びつきに驚いています。都会にはない、田舎だからこそ、自分で行動すれば、すぐに繋がりを築ける環境があることも、舞鶴の良さだと思います。

ー舞鶴に来て楽しんでることはありますか?

 舞鶴のことを知らなかったので、ネットで情報を探したんですが、欲しい情報が見つからなくて。それなら、自分で作っちゃおうと思って、「舞鶴から世界へ」というBLOGを立ち上げました。美味しいものが好きなので、色んなお店を巡って載せています。楽しくて、私の生活の一部になっています。今後、BLOGを通じて色んな人と知り合って、人脈を広げていけたらいいなと思っています。

ー移住する前と後で、舞鶴に対して変わった印象はありますか?

 移住する前は、舞鶴から都市部まで何時間とかいう案内を見てもピンときませんでしたが、住んでみて、京都北部でも都市部へ車で1~2時間あれば行けますし、便利な場所だなと思っています。

 都会にいると買い物をしてすぐにお金を遣ってしまいますが、舞鶴に来てお金が貯まりました(笑)

ー移住して困ったことは?

 雪かきと積雪の運転が心配です…。

まだ経験していませんが、雪の中の運転に備えて、4WDの車に買い替えました。

ー将来の夢を教えてください。

 「舞鶴から世界へ」のBLOGを充実させて、色々な人と知り合いになって、自分の知らない世界を知りたいなと思っています。実家が酒屋をしているので、フードトラックで粕汁を売ってみたいなとも想い描いています。一度、赤れんがマルシェでお店を出すチャンスがあったんですが、コロナ禍で実現できなかったので、またチャレンジしたいですね。

ー移住希望者へ一言お願いします。

 舞鶴は人が良くて、海も山も近く、自然に恵まれていて、暮らし易い環境だと思います。舞鶴のことを知ってもらえると思うのでぜひBLOGもご覧いただけたらと思います。

https://maizuru-smc.com

~舞鶴から世界へ~